FEATURES

《フライパンで簡単フレンチ》新商品「仔羊の煮込み 菜の花のニョッキ」&おすすめワインのご紹介

お家で本格的なフランス料理ができる《フライパンで簡単フレンチ》シリーズに、新商品が仲間入りしました!
当シリーズは、素朴で気取らないフランス料理でありながら、プロの味付けと工夫が盛り込まれた料理をご自宅でお召し上がりいただけるミールキット。フランス料理の魅力と食材を知り尽くしたブルーノート・ジャパン エグゼクティブシェフ長澤による自信の逸品たちです。

今回お届けする「Ragoût d'agneau aux printemps -仔羊の煮込み 菜の花のニョッキ」は、フランス家庭料理の定番「ナヴァラン・ダニョー(仔羊の煮込み)」の進化系。フランスでは男性がキッチンに立って肉料理をふるまう文化があり「フランスの男性が家族のために作る、豪快な肉料理」そんなシェフのイメージがエッセンスとなったひと皿です。

仔羊は春の訪れを告げるごちそう。フランスでは復活祭前後に食される習慣があるなど、神聖で特別な食材。ほろほろと柔らかく丁寧に煮込んだラムシャンクは、ゼラチン質が多く舌触りもなめらか。
また、お肉を煮込むソースにはシチリア ラグーサ産のエストラット・ディ・ポモドーロ(濃縮トマトペースト)を使用。エストラットは「エキス」という意味で、その名の通りひとさじで驚くほど料理の味に深みとうまみが増す超濃厚なトマトペーストです。

黄色とオレンジのにんじんとカブを添え、見た目もカラフルに。春野菜らしい苦みがアクセントの「菜の花のニョッキ」と、色鮮やかなフランス産グリンピースで、食感と季節感をお楽しみください。

また、今回は贅沢に2種のコンディマンをご用意。
トマトのコンディマンは、丁寧に湯こぼししたニンニクと、酸味のあるトマトソースを合わせ、ソースに入れて一緒に煮込むことでコクとまろやかさを生み出します。

もうひとつは、有機ニンジンのペーストにビオマスタードとユイルリー・ボジョレーズ社のカラマンシーヴィネガーを加えたコンディマン。つぶつぶ食感も美味しいビオマスタードと、フルーティなーカラマンシーヴィネガーの異なる2種の酸味を、ニンジンの甘みと絶妙なマッチングでモダンな味に仕上げました。ボリューム感のあるラムシャンクに乗せて、様々な味のマリアージュをお楽しみいただけます。

【おすすめペアリングワインのご紹介】

美味しいフレンチには、相性抜群のワインが欠かせません。
今回も、お料理にぴったりのワインを、ブルーノート東京のソムリエ 今野明日香がセレクトしました。

「仔羊の身がやわらかく最も美味しいこの季節。フランスでは春の訪れをお祝いする料理に欠かせない食材です。
今回の《フライパンで簡単フレンチ》は、仔羊にカブとトマトを使ったフランスのコートデュローヌ地方の家庭料理をアレンジし、旬の野菜を添えたシェフこだわりの逸品。
春の旨味たっぷりのひと皿に合うワイン2種をご紹介します。」

【ロゼ】
ヴァン ド フランス ロゼ 2019 ドメーヌリ ショー
Vin de France Rose 2019 Domaine Richaud
フランス コートデュローヌ / シラー、グルナッシュ主体

フランボワーズやチェリーの華やかな香りが魅力の自然派ワイン。
ジューシーな果実味が口の中に広がり、ほのかに感じるコショウのニュアンスが料理を引き立てます。
造り手は自然派ワインの雄と称されるローヌ地方を代表する人気生産者。
美しいサーモンピンクのカラーと調和のとれた味わいを、食事と共に楽しんで。

【赤】
クローズ エルミタージュ 2018 ドメーヌ デ リゼ
Crozes Hermitage 2018 Domaine des Lises
フランス、コート デュ ローヌ / シラー

羊肉といえば、合わせるワインはシラー。
やわらかく煮込まれた優しい味わいの仔羊に合わせてセレクトしたのは、数あるシラーの中でも野性味が強すぎずエレガントな味わいを持つ銘柄。
凝縮したカシスやダークチェリーのアロマに、胡椒とカカオの余韻。
豊満な果実味と穏やかな渋みのバランスが素晴らしいワインです。